インドネシア代表

PSSIはマールテン・パエスのデビューに向けて戦い続けることを保証する



NOBARTV.CO.ID PSSIはマールテン・パエスのために戦ったが、マールテン・パエスはインドネシア代表チームでデビューすることはなかった。しかし、PSSIは選手がガルーダチームとともに出場できるよう努力を続けていきます。

マールテン・パエスさんは数か月前に帰化手続きを行っている。しかし残念なことに、これまで彼はガルーダ隊でデビューしたことがありません。

はい、この場合、FIFAの条項に違反することが1つあるため、パエスはインドネシアを強化することはできません。

協会移籍に関するFIFA規定第21条第9段落bには、「所属する協会の大会で最後の公式戦に出場したとき、彼はまだXNUMX歳に達していない」と記されている。

この記事のせいで今までパエスがプレイできなくなってしまいました。実際、彼以外にも帰化した名前がガルーダチームを強化できる可能性があります。サンディ・ウォルシュ、シェイン・パティナマ、ジョルディ・アマト、そして最近ではカルビン・ヴェルドンクなど。パエスよりも早く帰化手続きを完了したヴェルドンクは、実際にデビュー戦を行った。

したがって、この問題により、PSSIはCAS、別名スポーツ仲裁裁判所に問題を投げかけました。このCASに合格することでパエスのステータスが回復し、すぐにインドネシア代表チームにデビューできることが期待されている。さらに将来的には、ガルーダチームは2026年ワールドカップ予選のアジアゾーン第XNUMXラウンドに出場し、日本、サウジアラビア、オーストラリア、バーレーン、中国などのビッグチームと対戦する予定だ。

PSSIはマールテン・パエスのデビューに向けて戦い続けることを保証する
FCダラスのマールテン・パエス選手の活躍(出典:IG @maartenpaes)

これまでのところ、この問題に関するPSSIも苦戦が続いていることを強調している。これは、PSSI Exco メンバーの 1 人である Arya Sinulinga によって確認されました。

「我々は戦い続けている。 CASであろうとどこであろうと、もちろんプロセスがあります。 FIFA ではすべてにプロセスがあります。 「しかし、プロセスは一度戦い、そして再び戦うというものです」とアリアは強調した。

「境界線はあります。たとえば、決定後には異議を唱えることができない制限が設けられています。 「そうなる前に、我々はまずここにいる」と彼は付け加えた。

「なぜ最初にそこ[CAS]に行ったのですか?」プロセスの最後まで追求できる段階がいくつかあります。心配しないでください、私たちはここにはいません、そこにまっすぐ行ってください。やめてください。したがって、最初の拒否後は一定の時間がかかります。はい、また戦います。まだその時間はあります。だから私たちはすべてをやります。 「こうでなければなりません」とアリアは結論づけた。

パエスはエンポリに興味を持っている 

連盟移籍の手続きが複雑に絡み合っているさなか、パエスはイタリアのクラブ、エンポリからターゲットにされていると伝えられている。パエスはメジャーリーグサッカーのFCダラスでの成功により、イタリアのセリエAクラブから注目を集めるようになった。この噂はイタリア人ジャーナリスト、ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が報じた。

「エンポリは、インドネシアとオランダの二重国籍を持ち、MLSのダラスクラブでプレーするゴールキーパー、マールテン・パエスをゴールキーパーの第一候補とした」とディ・マルツィオ監督は今朝早く、自身のインスタグラムアカウントに書いた。

「もう一人の候補は、スイスのゴールキーパー、ヤングボーイズのアンソニー・ラチョッピだ」とディマルツィオ監督は声明を続けた。

もしこの噂(パエスのエンポリ移籍)が現実になれば、この元FCユトレヒトの選手は彼と同じ立場の数名の選手と競合することになるだろう。興味深いことに、パエスの競合他社は両方とも非常に優れた上品な実績を持っています。サムエレ・ペリサン、ニッコロ・キオッラ、ヴァレリオ・ビアジーニ、ヤコポ・セゲッティなど。

というタイトルのニュース記事の興味深い情報の要約です。 PSSIはマールテン・パエスのデビューに向けて戦い続けることを保証する それは作家のチームでした ノバルTVニュース ( ) さまざまな信頼できるソースからの抜粋。

ノバルテレビスペシャルメニュー : サッカーストリーミング映画鑑賞ゴールビデオ暗号エアドロップアプリケーションライターの求人 [ Nobartv.co.id をフォローしてください グーグルニュースWhatsApp チャンネル ]

次にバイブ

コーヒー愛好家でレアル・マドリードのスクリーン・ファン